やさぐれにっき


2月24日(日) 曇り時々晴れ 月齢17.3

強風
昨日の午後から今日にかけての風は強かった。
埃っぽくて目もまともに開けられない状態。
電車も昨日に引き続き遅れたり止まっていたりした様子。
こんな日は自宅でまったり過ごすのが一番。


本日までの夏子様
言い訳をしながらアイスを食するなっちゃん。
白いなっちゃんを飲む黒いなっちゃん。
夏子夏子は黒くて毒舌なんかじゃないよただ素直すぎるだけなんだよ夏子…

キットカットコーンアイスかぁ、力業だなぁ、赤城乳業ネスレ(笑)


2月20日(水) 晴れ 月齢13.3

辞表
「うちの役所を辞めてくれないか?」そう上司から言われた。
奇しくも水面下で人事異動が進んでいる折りである。

さらに上司の話は続く、
上司「2年前に発足した制度は知っているな?」
漏れ「ええ、当省、当局からも人が出ていますが」
上司「君には4月からそこに行ってもらう(出向する)ことになった」
漏れ「ええっ?○○部門への異動の希望は?」
上司「既に部長の決裁も降りているんだよ」
漏れ「そうすると私の身分は…」
上司「外部団体になるから国家公務員としての肩書は外してもらう」
漏れ「3月末日付けで辞表を書けと言うことですね」
上司「ポストはある、2年間の期限付きだ、復職の際の人事も考慮してくれよう」

人事は所詮「ひとごと」だけど、まさか自分が出されるとはね…
ちなみに私の新任地、毎日夜の11時まで残業とのこと。
アレね、電車が動いている時間に帰れる分、本省にいた頃よりはマシね。
まあ、今の職場に関して言えば、長い夏休みも終わりが近づいたと言うことで。

それにしても、普通の公務員(残業しない公務員)には縁遠いなぁ…


2月16日(土) 曇り時々晴れ 月齢9.3

紫立ちたる
環状八号線、総武線の電車の窓から一際高い煙突が見える。
煙突からは毎朝白い煙が立ち上っている。
その白い煙が冬の早い時間には紫に彩られている。
きっと朝日の影響なのだろう。
少し得した気分になり仕事に向かう。

今日もお仕事(サービス残業)。
愚痴は言うまい、きっと何時かは報われるから…


2月15日(金) 晴れ 月齢8.3

初めての…
A「こういう事するの初めて?」
B「はい…」
A「大丈夫、緊張しないで」
B「…」
A「痛くないから」
B「……」
A「開くわよ」
B「あっ…」
A「じゃあ挿入(い)れるね」
B「は、はい…」
A「そう、もう少し上の方…」
B「んっ…」
A「あはっ、挿入(はい)っちゃった…」

…で、上記の会話は何かと申し上げると、医者と患者の会話でして。
Aが眼科の医者でBが患者(漏れ)に当たります。
まあ、麻酔して瞼を大きく開かされ、検査用のコンタクトを付けた時の会話ですね。
決してエロ(レズ)ネタ狙いではないので念のため。


2月14日(木) 晴れ 月齢7.3

バレンタイン
何それ?美味しいの?
…っていうか、国生さゆりの迷曲「バレンタイン・キッス」、
今年はあまり街中で聞かないなぁ、不景気なのかなぁ?
(聞いたのは今日帰宅途中に立ち寄ったスーパーだけだった)

まあ、「黒烏龍茶」飲んでる漏れにチョコは無用だけどね…
(注:上記記述は負け惜しみです)


売れてるの?
中野のメイド屋さんのエデンとアリスって最近どうなの?
この前から「リニューアル・オープン」なんて看板が出てるし、
今日のアリスに至っては、お客さんが2人しかいないし。
しかもWRさん(暇だから?)テーブルで突っ伏してるしね。

うーん、これならメイドさん(WRさん)にチョコ貰えたかな…
(ほらね、やっぱりチョコが欲しいんじゃん)


営業Chu!
仕事帰りに立ち寄った病院で看護婦さんに言われた。
漏れ「人間ドックの結果で再検査になりそうなんですよ…」
看護婦「それなら、是非うちの病院で内視鏡検査しませんか?」

おいおい、看護婦が病人に検査の斡旋するなよ、しかも嬉しそうに(笑)
(去年は口から、今年は鼻から内視鏡か…)


さぁ、明日は病院巡り第二弾、女医さんのいる眼科にごーごー!だ。


2月11日(月) 晴れ 月齢4.3

勉強Chu!
日中は仕事と破産法系のお勉強、夜は手話のお勉強。
まあ、夜の手話は「碧いうさぎ」に触発されただけだけどな…

嗚呼、漏れも淋しすぎて死んでしまいそうだわ。

って、PV見てたらマジで涙出てきたよ、寝よう……


2月10日(日) 晴れ 月齢3.3

寝過ぎ
起きたら正午だった。
それからまた寝た。
次に起きたら夕方の5時だった。
昨日は10時頃に寝たはず。
都合何時間寝たことになるのだろうか。

こんなんに寝る子、いったい何に育つのやら…


うーん、身体が痛い…お腹も腰も痛い…
これってそのまんま風邪の症状じゃん。
よく寝たのも風邪が原因ってことね…


2月9日(土) 曇りのち雪 月齢2.3

どようびどようび〜
さいきん、てんさよんあがらないなぁ…
まいしゅうまつしごとだからなぁ…

                      ハ_ハ
              ハ_ハ    (^( ゚∀゚)^)  てんさよんあげていこ〜
             ('(゚∀゚∩     )  /
             ヽ  〈    (_ノ_ノ
              ヽヽ_)


早く以前の状態(↑)に戻りたいね。
(参考:('(゚∀゚∩ どようび どようび〜 のガイドライン


外は雪
仕事を終え、近所の中華料理屋で独り夕食とる。
レジで会計を済ませ、店の外に出ようとすると雪が強く降っていた。

いっそのこと全て雪で埋め尽くされてしまえばいいのに…

冷たい空を見上げながら、そんなことを考えていた。


2月8日(金) 晴れ 月齢1.3

こむら返り
明け方、右足にいきなりの激痛。
漏れ「うぐぅ、ふくらはぎが痙った…」
寝惚けながら必死にアキレス腱を伸ばす。

そしてその時に思ったこと、
「アウェイ!アウェイ!!右脹ら脛アーウェーイー!!(>д<)」

こんな時にまでねぇ…


手紙と写真
「これ…手紙と写真です…持って行ってください……」
人間ドックで女医さんから渡された1通の手紙と写真。
多分その中にはラブレターと女医さんの恥ずかしい写真が…

…って、現実はそんなに甘くはない。
中味は医師の紹介状と病状を写した漏れの写真。
「これを書いてやったから、さっさと別の病院に行ってこい」って事らしい。

まったく、
「アウェイ!アウェイ!!左目眼底アーウェーイー!!(>д<)」
って感じだね。

…トホホ☆


2月7日(木) 曇りのち晴れ 月齢0.3

車窓の風景
線路や沿線の民家の屋根に積もる雪を車内から見続けてどれ位の日が経ったのだろうか。
毎朝、それら積もった雪を楽しみに眺めながら通勤していることに気付く。
生活に支障を来さない程度の雪ならば何時でも降ってほしいものだ。

ちなみに、昨日の雪で出張が延期になった。
こういった雪はノー・サンキューだ。


本日までの夏子様
山椒が苦手ななっちゃん。
打ち上げで暗い席に座っていたなっちゃん。

…ってことは、七味唐辛子もダメなのね。


さて、明日は人間ドックか…
胃のポリープがどれだけ成長(悪化)しているかが楽しみだな…
(そして病院から呼び出し喰らって再検査なんだろうな……)


2月3日(日) 雪 月齢26.0

雪の中で解き放つ!
朝、目が覚めると窓ガラスが白くなっていた。
きっと結露だろう、そう高を括っていた。
昼になり、軟水浴に出かけて驚いた。
漏れ「うわっ!また雪だよ…」

まあ、降ってるものは仕方ないし、むしろそれを楽しむべきと思い直す。
楽しむべき方法は1つ、風呂やサウナで火照った身体を雪の中で解き放つこと。

  (  ) ソウ…ジブンヲ
  (  )
  | |

 ヽ('A`)ノ トキハナツ!
  (  )
  ノω|


雪を見ながら解き放つのは、雪国の露天風呂に入っているみたいで気分が良いものだ。


積雪量
東京都心では3センチらしいが、西荻は5センチ位積もっていると思う。
バス通りは雪が消えている部分が多いが、路地に入った住宅地は雪国状態。
子供たちの歓声が聞こえ、庭木の常緑樹に白い雪が掛かっているのが趣深い。

ちなみに、熱海は雨が降っているという。
これが気候の違いというものか。

さて、雪を見ながらミカンでも食べるかな…


2月2日(土) 曇り 月齢25.0

生命の言葉
週末の散歩コースにある荻窪八幡神社
毎月月初、本殿に置かれるのが「生命の言葉」と表された配布物。
それには名言が記されているのだが、今月は特に気に入ったので次に引用してみる。

「努力する人は希望を語り 怠ける人は不満を語る」(井上 靖)

なるほど、言い得て妙な表現である。

さて、自分は何を語る人か…


本日までの夏子様
朝の占いに一喜一憂するなっちゃん。
サクマドロップスの当たり判定を考えるなっちゃん。
夏子君の見上げる空はいつも上天気だよ夏子…

味的にレモンは当たり、チョコはハズレかな…
あと、悪い占いは信じなくてもいいって占い師さんが言っていたっけ。
もっとも、日々の漏れの生活は占い以下ではあるがな…


1月の書き忘れ

1月31日

有言実行?
先月の日記のとおり仕事と残業の1日。
誕生日会、飲み会なし。勿論、デートのお誘いもなし。
そんなものよね、人生は……


今日のやさぐれにもどるのですよ