やさぐれにっき


11月29日(木) 曇り 月齢19.5

夢購入
年末ジャンボを購入してみる。
連番30枚、バラ20枚、おまけにロト6もね。
嗚呼、素敵な夢が見られることを…


本日の夏子様
戦国バサラ」を宣伝するなっちゃん。
夏子頭に手を置いている姿が可愛いよ夏子…


11月28日(水) 曇り 月齢18.5

勘違い
職場での何気ない会話。
漏れ「俺さぁ、最近髪の毛が増えたような気がしない?」
同僚「…いや、それはどうでしょう?」
漏れ「だってさぁ、最近、髪の毛黒いじゃん」
同僚「○藤さん、言いにくいんですけど、それって単に髪が伸びただけですよ」
漏れ「増えてる訳じゃ…」
同僚「ええ、増えてる訳じゃないと思います(即断)」

…そうですか、禿げしく勘違いですか。
はぁ…不毛の大地を緑地化するということは大変なことですね。
(その前に老化現象が始まると思いますがね…)


本日の夏子様
打ちっ放しに行った帰りに焼き肉を食べるなっちゃん。
夏子オヤジ臭さを感じさせないね夏子…


公務員の漏れがゴルフとか言ったら「接待ですか?」とか聞かれそうだな…


明日は真冬日、しかも雨。
風邪など引かないように、注意しようね。


11月27日(火) 晴れのち曇り 月齢17.5

今日の夏子様
もっちーと2ショットのなっちゃん。
夏子もっちーとの親しげさが分かるようだよ夏子…


しかし、もっちーの美顔(美容)法は豚足か…
ふむ、漏れも最近乾燥肌気味だから、もっちーに習って豚足食べるかな。
コラーゲンやヒルアロン酸がたっぷりそうだしねぇ……


11月26日(月) 晴れのち曇り 月齢16.5

昨日の出来事
結局昨日は幕張に夏子を観に行かず高尾山へ紅葉を観に行く。
京王線の高尾山口に着いたのは朝8時15分。
そこから登山道を1・3・4・5・6と踏破して帰路についた。
吐く息が白かったが気温が4度程度だからそれも頷ける。
山中の紅葉よりも山頂から眺めた富士の白雪が印象的だった。
自然の中に身を置くことが何と心地良いものか。

…来週は奥多摩辺りを散策するかな。


本日の夏子様
イベントを無事に終えたなっちゃんとその仲間達。
夏子イベントお疲れ様夏子…


うぐぅ、(筋肉痛で)身体が痛いよ……


11月25日(日) 晴れ 月齢15.5

本日(日付的には昨日の)の夏子様
小林家でシスプリDVDを観るなっちゃん。
夏子恥ずかしがる顔が愛らしいよ夏子…

…しかしアレだ、今更DVDで何の予習だろう?


…既に終えた事を学び直す(思い出す)のだから「復習」ではないのか?
そんな突っ込みはしない方向で……


さて、独り高尾山にでも紅葉観に行くか(←マテ!)


みんなイベント頑張れ!超頑張れ!!


11月24日(土) 晴れ 月齢14.5

今日の1冊
美人計画12月号(青春出版社)天然生活1月号(地球丸)
以前にも書いたが、これらの雑誌はビジネス誌等とは違ったヒントを与えてくれるから良い。
尤も、外見を飾ろうとすればファッション誌を購入するんだろうが、
自分には心と身体、ゆとり生活に関する記事の方が魅力的。

外見よりも中身なのですよ、などと言うのは三枚目の僻んだ台詞だろうか。


紅葉真っ直中
昼のニュースで高尾山の紅葉が見頃だとか。
やばい、明日はシスプリイベントだけど、無性に山登りがしたくなった(笑)
どちらに行くべきであろうか、明日の朝起きてから決めよう。
(参考:とことこ高尾山(京王)高尾登山電鉄


本日の夏子様
寒さ対策をするなっちゃん。
夏子口元を隠す姿も可愛らしいよ夏子…


11月23日(金) 晴れ 月齢13.5

お買い物
北風の吹く中、神保町までお買い物。
購入したのは、有斐閣の判例六法Pro(新品)と第一法規の注釈行政不服審査法(古本)。
まあ、仕事の為だから六法の5千円も不服審査法の5千円も仕方ないとこよね。
特に行政不服審査法の注釈本関連は絶版がほとんどだしね。
明日の自分の為の投資、そう考えれば安い安い。
(実際、古本屋で審査法の本を見付けた時は即買いだったしね…)


KISSして
神保町での買い物と中野での仕事を終えた帰宅途中、
西荻の新星堂で「KISSして」(KOU+)を購入。
「探偵ガリレオ」は秋ドラマでは唯一欠かさず見ている作品だしね。

…それにしても、Music Clipの映像、柴咲コウよりも福山雅治の方が目立ってるよなぁ(笑)
(きっと購買層の中心は20代、30代の独身女性だろうな……)


本日までの夏子様
夏子諸々が可愛いよ夏子…


11月19日(月) 晴れ 月齢9.5

零れ落ちるもの
天頂から零れ落ちる流れ星。
今年のしし座流星群は例年並みに観ることが出来た模様。
さて今年最後の流星群は「ふたご座流星群」だが、
今回こそは何処か遠征に行きたいものだ。
(参考:流星群スレ日本流星研究会

漏れの手から零れ落ちるもの
ささやかな幸せだよな…やっぱり……


11月18日(日) 晴れ 月齢8.5

雑感
齢も百を超えた彼女が鬼籍を迎えたわけだが、
明治から平成と彼女は何を考えて生きてきたのか。
今となってはらそれを知る由もない。
せめては安かに眠られたいものだ。


今夜は木枯らしが吹くという。
身体だけでも温めて寝たいものだ。
どうせ心は温められないのだから…


11月17日(土) 晴れ 月齢7.5

船を追うもの
熱海港に初島行きの船が停船している。
やがてその船は警笛を鳴らし、白きものを連れて港を後にする。
船に従うものはカモメたちだ。
それではカモメたちは何故船を追うのか。
カモメたちは乗船客から与えられる餌に期待しているのだ。
サンデッキから船とカモメたちが遠ざかるのを眺める。
カモメたちの姿が小さくなり、次いで船の姿が小さくなる。
やがて海原に映える微かな白波も見えなくなる。
僕は何時までもその跡を眺めている。


熱海観光客層
熱海の市街地やサンビーチですれ違う人々。
老夫婦や家族連れが多いが、女性の2、3人連れも多い。
中でも母娘で一緒に食事をしたり、娘が母を労る姿は見ていて微笑ましい。
どこぞのやさぐれ母子にも見習っていただきたいものだ。


11月14日(水) 晴れ 月齢4.5

とんぼ返り
通夜に参列するため、職場から実家へ。
尤も、通夜には間に合わなかったけどね。
西荻→中野→熱海→西荻で1日の移動距離は2百数十キロ。
熱海滞在時間は2時間弱。
漏れは故人に礼節を尽くせたのだろうか…


11月13日(火) 晴れ 月齢3.5

喪Chu!
まあ、ガン種(総集編)的に言うとこんな感じで…

漏れ「祖母が…死にました……」(←田中理恵の声で…)
キラ「あたみ……」
カガリ「…いいのか?お前の婚約者だろ?」
アスラン「ふっ…いいんだ…(遠い目)」

いや、石田彰がいくらホモだって漏れの婚約者じゃないんだけどな…

まあ、そんな感じで「不謹慎ながら」今年2回目の喪中です。


本日の夏子様

……
済みません、一身上の都合により、
本日以降のコメントは数日間控えさせていただきます…

喪中なのに夏子に萌えてる訳にはいかんよね……


明日は通夜、明後日は告別式ですが、
仕事の都合で熱海の実家には帰れません…

親不孝(祖母不孝?)を赦して下さい……


11月12日(月) 晴れ 月齢2.5

寝ても覚めても
どんな時にでも一緒にいたい。
そう思うのでしょうね、本当に好きならば。
冷たい雨の音がしていた日曜日の朝。
寝慣れない友人のベッドで目を覚ます。
酔っていた所為もあり眠りにつく前には気付かなかったが、
枕元に女性の写真の入ったフォトスタンドがある。
漏れ「あ…ゆかりんだ……」

アイドル声優は恋愛対象になるのかな?
偶像は偶像として崇拝してた方が良くないかな?
まあ、他人の色恋に物言える立場じゃないんですけどね…


晴れた日には
冷たい雨も朝方にはあがっていた。
カーテンを開けると隣のマンションから朝日がのぞいている。
こんな晴れた日はきっと良い一日になる、そう思って早出を決める。
ひんやりとした、澄み切った空気を吸い込み足早に駅へ向かう。
人も疎らな西荻窪の駅に着いたのは、まだ7時前だった。
空席の目立つ東西線直通の電車に乗り込み、進行方向右側のドアに立つ。
お目当ては西荻窪を出てすぐに見え始める富士山の姿。
10分足らずの乗車時間、雪を頂いた富士の山を見ながら仕事を忘れる。
ささやかな幸せ、我ながら良い時間の過ごし方だと悦に入る。


本日の夏子様
映画を見て大笑いするなっちゃん。
夏子笑う姿がコケティッシュだよ夏子…


11月11日(日) 雨 月齢1.5

キスしてほしい
うん?「The Blue Hearts」の歌?
酒を飲んでる最中に「キスして欲しい」だなんて言われたくないね。
だって漏れに言ってる相手は男なんだもん……

♪何時まで飲むの 僕たち今夜 このままずっと此処(居酒屋)に居るのか…

…って、自分で作っておきながらイヤな替え歌だなぁ(笑)
まったくねぇ…何で男ばかりに絡まれるんだろう……


黒いダイヤ
石炭は黒いダイヤ。
鉄道好きなら一度はSLに乗らないとね…

…だからって漏れを秩父鉄道に誘うなっ!
これだから鉄ヲタは……

でも秩父の紅葉は楽しみね。


本日の夏子様
編み物が出来ないなっちゃん。
夏子不器用なところも可愛いよ夏子…


11月10日(土) 雨 月齢0.5

花にアイデア
サントリーフラワーズの総合サイト。
良いね、こういったサイトは見ていて楽しいし、心も和む。
それに青いカーネーション「ムーンダスト」も綺麗。
ちなみに、花言葉は「永遠の幸福」だとか。
人生の節目、大切な人に贈るのに素敵な花ですね。


今日の夏子様
夏子小顔がかわいいよ夏子…


ちえちゃんブログ
藻前らは桑谷夏子のブログでも見ていろ!
漏れは望月千恵さんとそのお仲間達のブログを見るから!!
(嗚呼、一般人を晒すなとまたお叱りが……)


今日はお茶の水で飲み会か…
雨降ってるし、行きたくないな…
でも神保町に行って判例六法(有斐閣)買わなきゃいけないしな…
お金無いなぁ……


11月9日(金) 曇り 月齢29.3

何処引く風邪
それを言うなら「何処吹く風」になるのかしらん。
昨日の日記で風邪気味と書きつつも、日中はティップネス中野店へ。
平日のしかも日中に行くのは初めてだったけど、客は主婦と老人ばかり。
まあ、一般成人(社会人)は仕事してるからね…
(昼間に寝てる声優もいるけどな…)


めがね男子
注文から1週間、やっと眼鏡が出来上がった。
デザイン的に面白かったRay・Banの眼鏡を購入したのだが、
店員が「レイバンの眼鏡ケースです、レイバンの眼鏡拭きです」などと
ブランドを誇張するかようで、些か耳障りの感がした。
さあ、これで漏れも今までどおり「めがね男子」の生活に戻れるな…


本日の夏子様
夏子ネイルアートも素敵だよ夏子…

…んで、左手の薬指が微妙に隠れているところと、
両手が塞がっている(被写体になっている)のにもかかわらず、
写真が撮られている状態についての疑問は触れないでおこう…


11月8日(木) 晴れ 月齢28.3

微熱中
仕事を終えて気が付くと顔が火照っている感じ。
熱があるか同僚のおでこを借りて確かめてみる。
漏れ「悪い、熱がありそうなんだけど、おでこで測らしてくんね?」
同僚「えー、○藤さん嫌っすよ。オレそんな趣味ありませんからっ!」
漏れ「はぁ?」
同僚「いや、おでことおでこを合わせて測るんでしょ?」

…って、アホかー!
俺だってそんなホモ趣味は持ち合わせていないよ(笑)
手で測らせろって言ってるんだよ。
もうアレね、職場の中もアホ人間だらけね。
(それでも一応は国家公務員なんだからね…)

あー、頭と喉が痛い…
明日は休暇だから銀行廻った後はゆっくり寝ていよう…


今日の夏子様
夏子小物も可愛いよ夏子…

…で、本スレはすっかり夏子ブログのコメント投稿欄ですねぇ。
しかも、書かれている内容が自分の考えていることと大体において同じとは…
桑谷ヲタは(自分を含めて)やっぱり駄目ヲタだなぁ(笑)


11月7日(水) 曇りのち晴れ 月齢27.3

大好き なっちゃん!
なッつッこッ! ちゃんッ! 大好き! なっちゃん!! 大好きなっちゃんッッッ!!
昨晩(本日深夜)のブログの更新を見て騒いでる漏れさまですよ。
嗚呼、夏子かわいいよ夏子……


事実は小説よりも奇なり?
ネタとして同じ彼女に2度振られることはよくある話で。
でも、年に2回、同じ人とお見合い(顔合わせ)して、2回とも放置プレイされるとはね…
(結果、振られたことになるわけですが…)
しかも、相手側の家から出た話なのにね……
ネタ以上の何物でもないよね………

流石に凹むね、それならそんな席、設けなきゃいいのにね…

はぁ…心の安寧が欲しい……


11月6日(火) 曇り 月齢26.3

なっちゃんの記録
やべぇ、2週間振りに巡回したら、桑谷夏子のブログが出来てた。
パソコン嫌いな筈なのに、ネットやホームページに興味無いとか言ってたくせに…
(尤も、本スレで指摘があったように携帯から何だろうな…)
でも面白いね、読んでて素直に楽しめるブログです。

嗚呼、これで毎日の夏子分が補充できる…

…っていうかさぁ、更新のスピード早くない?
(ついでに、本スレの消費も早いなぁ…)

さあ、次の楽しみは何ヶ月でブログの更新が遅れ出すかだっ!
(また桑谷ファンを敵に回すような発言を……)

追記
「うんとこどっこいしょと!」って…
うわっ、自分もそんな台詞を吐いていた気がする…
30年近くも前の絵本の話?懐かしいなぁ…


11月5日(月) 晴れのち曇り 月齢25.3

眼鏡壊るる
眼鏡を壊して1週間が過ぎようとしている。
壊した理由は飲み屋で絡まれた腹いせだ。
若い女性になら兎も角、50近くの酒臭いおっさんに耳元で
「○○ちゃん、飲もうよ〜」等としつこく言われてキレた。
相手に手を出したら傷害罪、店の物に手を出したら器物損壊罪、
仕方なく手元に置いてあった眼鏡を怒りにまかせて握り潰してしまった。
代償は新しい眼鏡、フレームとレンズがセットで4万数千円。
ストレス解消の為の飲酒が高く付いた。

売ってないですぅ…
湯川学(探偵ガリレオ/東野圭吾/文藝春秋/フジテレビ)が使っている縁なし眼鏡。
まあ、フレームだけで35,000円だから店に置いてあっても買うのには躊躇するかな。
それに眼鏡を湯川モデルに変えたって福山雅治にはなれないんだし…


11月4日(日) 晴れ(熱海の天気) 月齢24.3

青い空・蒼い海
久しぶりに帰った熱海の実家で見上げた青空。
雲もなく、何処までも高く澄み切っていた。
眺める蒼い海には、白いカモメの姿が浮かんでいた。
立入が禁止された堤防の上で独り「あおいろ」を愉しむ。


今日のやさぐれにもどるのですよ